PR

カールしすぎて上がりすぎたまつ毛パーマをナチュラルに見せる調整テクニック

生活

目元を引き立てるまつ毛パーマは魅力的ですが、予想外にカールが強くなってしまうこともあります。そうなった時の対処法を知りたいと思う方も多いでしょう。

自分でパーマのカールをゆるめたり、取り除くことを考える方もいますが、そうすることに対する不安を感じることもあるかと思います。

また、カールが強くなりすぎる原因に興味を持つ方もいるでしょう。

この記事では、過剰にカールが上がりすぎたまつ毛パーマをより自然に見せるための調整方法を紹介します。

カールが強すぎて困っている方は、この記事の内容を参考にしてみてください。

強すぎるまつ毛パーマへの3つの対応方法

カールが強くて上がりすぎたまつ毛パーマに困っている方のために、3つの有効な対処法を紹介します。

強くカールしたまつ毛パーマは、カールが過剰でまぶたに触れたり、まつ毛の先が極端に曲がっている状態を言います。

このようなパーマは、マスカラを塗るのが難しくなったり、まつ毛が短く見えたりして目元の印象を悪くすることがあります。

もし強くカールしたまつ毛パーマにお悩みなら、以下の方法を試してみてください。

① 自然に任せる

まつ毛パーマが強すぎると感じたら、まずは数日間放置して様子を見るのがおすすめです。

大体1週間ほどでパーマが自然に落ち着き、気にならなくなることが多いです。

カールが目立ちすぎる場合は、マスカラやアイメイクを控えめにするのが良いでしょう。

サロンでは、パーマが数日後に落ち着くように、あえて強めにかけることもあります。

② パーマのやり直し

数日間待っても改善が見られない場合は、まつ毛パーマのやり直しが一つの解決策です。

まつ毛パーマをやり直す方法には主に2つあります

●より柔らかいカールのパーマにする
●ストレートパーマでカールを落とす

施術を受けたサロンでは、無料でパーマのやり直しをしてくれることもあるので、まずは相談してみましょう。

ただし、何度もパーマをかけるとまつ毛がダメージを受ける可能性があるため、専用の美容液でケアすることが大切です。

③ 自分で調整・除去

カールが強すぎて我慢できないけれど、サロンでの再施術を避けたい場合は、自分で調整や除去を試す方法もあります。

サロンでの施術ほど効果が得られない可能性はありますが、まつ毛のダメージは最小限に抑えられます。

具体的な方法については次のセクションで詳しく解説します。これらの手順はすぐに実行でき、試す価値は十分にあります。

自宅で行うまつ毛パーマの緩和と除去の方法

自分でまつ毛パーマを緩めたり、取り除く方法について、家庭でできる対処法をご紹介します。

まつ毛パーマは施術後2~3時間でしっかりと定着するため、できるだけ早めに処置をすることが効果的です。

強すぎるカールの調整方法

過剰にカールしたまつ毛パーマを調整するには、次の3つの方法が有効です

●まつ毛に水をかける
●蒸しタオルを使う
●冷風で乾かす

多くのサロンではカールが安定するまで水に濡らさないよう指示しますが、この原則を逆利用して、水をかけたり蒸しタオルを使ったりすることで、カールを和らげることが可能です。

最後に、まつ毛を下に向けつつ冷風で乾かして、形を整えます。

すぐに効果が現れない場合は、繰り返し試してみると良いでしょう。

パーマの取り除き方

強くカールしたまつ毛パーマを自宅で取り除く際は、目元専用のリムーバーを利用して優しくクレンジングする方法が良いでしょう。

しかし、セルフでパーマ液を完璧に除去するのは難しいため、注意が必要です。

パーマをかけたまつ毛は非常にデリケートな状態にあるので、摩擦を避けてまつ毛のダメージや抜け毛のリスクを低減することが大事です。

クレンジングはコットンを使って丁寧に行い、その後は専用の美容液でしっかりケアしましょう。

クレンジング後に蒸しタオルを使うことで、さらに効果が向上します。

カウンセリングの不足が引き起こす問題

強過ぎるまつ毛パーマのカールが生じる主な原因の一つに、十分なカウンセリングの不足があります。施術前にアイリストと行うカウンセリングには、以下のようなメリットがあります

●希望するデザインをアイリストと共有する
●まつ毛の健康状態を確認する

時には、施術そのものに問題がなくても、結果が希望と異なり「まつ毛のカールが強すぎる」と感じられることがあります。

まつ毛パーマは様々なデザインが可能ですので、アイリストに自分の求めるスタイルを正確に伝えることが重要です。

さらに、パーマの効果には個人差があるため、まつ毛の質や状態をカウンセリングでしっかり確認することが大切です。

適切なカウンセリングを行い、適切な施術を行うサロンを選ぶことで、不満足な結果を避けることができます。

強すぎるカールのまつ毛パーマ対策まとめ

この記事では、過剰にカールしてしまったまつ毛パーマへの対応方法について紹介しました。

●まずは数日間様子を見る
●サロンでのパーマの再施術を検討する
●まつ毛を水で濡らしたり、蒸しタオルを使用する
●目元専用のリムーバーで優しくクレンジングする

これらのように、サロンでの再施術だけでなく、家でできる対応方法もあります。

パーマをかけた直後のまつ毛は特に敏感ですので、どのような処置をした後でも、美容液によるケアを忘れずに行いましょう。

タイトルとURLをコピーしました