PR

パンケーキ ホットケーキ スフレパンケーキの違いとは?それぞれの特徴と名前の由来

意味の違い

朝食や小腹がすいた時のおやつとして多くの人に愛される「パンケーキ」「ホットケーキ」「スフレパンケーキ」。これらは一見似ているように思われますが、実はそれぞれに独自の特徴と歴史があるのをご存知でしょうか。

本記事では、これらの人気の高い食品「パンケーキ」「ホットケーキ」「スフレパンケーキ」のそれぞれの魅力と、名前の由来について、また、違いはあるのかについて詳細にご紹介します。

パンケーキ、ホットケーキ、スフレパンケーキの特色と違い

日常的に多くの人が楽しむ「パンケーキ」と「ホットケーキ」は、しばしば似た食品として認識されます。

「パンケーキ」という名前は、英語で「Pan Cake」として知られ、その意味は文字どおりフライパンや鍋で焼かれる種々のケーキを総称するものです。

一方で、「ホットケーキ」という名前は、もともと海外で人気だったパンケーキが日本に持ち込まれ、初めは「ハットケーキ」と呼ばれていたことが起源です。

これらの二つの食品の間には、大きな差異はないものの、ホットケーキは特に甘味に焦点を当てたものであり、パンケーキはより多様な食事メニューに適用されます。

さらに、「スフレパンケーキ」は、その特有のふんわりとした食感で注目され、通常のパンケーキやホットケーキとは明確に区別されます。この違いは、メレンゲを使って空気を含ませ、膨らませる製法に由来します。これにより、メレンゲを使わない一般的なパンケーキやホットケーキとは違った特性を持つことになります。

パンケーキの意味とその歴史

「パンケーキ」という名前に含まれる「パン」という単語は、先ほど述べたように、実際には一般的な食べ物のパンを指すのではなく、「Pan(パン)」、すなわち調理に使われる鍋やフライパンを意味します。このようにして、フライパンや鍋で焼かれる様々なケーキが「パンケーキ」と総称されるようになったのです。

よくある疑問で、「パンケーキってパンとケーキどっち?」というものがありますが

「パン」の意味を事を理解すると、ケーキという事がわかります。

ですがパンケーキは、甘いデザートに限らず、ツナやウインナーなどを使った塩味の食事向けのメニューも広く提供されています。

ホットケーキの特徴とその名前の由来

ホットケーキは、通常、シロップやバターなどをかけて甘さを楽しむ料理です。

この料理は、もともと外国で親しまれていたパンケーキが日本に持ち込まれ、「薄餅」として最初に紹介されました。その後、日本で「ハットケーキ」と呼ばれるようになり、やがて昭和の初期には「ホットケーキ」という現在の名称で広く知られるようになりました。

ホットケーキは、朝食や軽食として多くの場面で人気を博しているメニューです。

ホットケーキミックスを使って手軽に作れる事もあり、一般家庭になじみの深いものになっています。

スフレパンケーキの特徴と名前の起源

「スフレパンケーキ」という名前は、その主な特徴である「スフレ」に由来しています。ここで言う「スフレ」とは、メレンゲ(泡立てた卵白)を使い、軽くてふわふわの食感を持つ料理を指します。

スフレパンケーキは、その滑らかな口当たりと軽い食感が特長ですが、繊細な構造のために簡単にしぼんでしまうこともあります。

日本ではスフレパンケーキが甘いデザートとして人気ですが、フランスではチーズスフレやジャガイモを使ったスフレなど、食事としても楽しまれる様々な種類があります。

パンケーキとワッフル、どら焼きの違いは?

最後に、パンケーキと似ていると言われている他のお菓子との違いについても紹介します。

ワッフルとパンケーキ(ホットケーキ)は、生地の成分と作り方において大きな違いがあります。アメリカンワッフルは、ホットケーキに似た作り方で、膨らむためにベーキングパウダーを使用します。一方、ベルギーワッフルはイーストを使い、よりパンに近い生地に仕上がります。

また、パンケーキ(ホットケーキ)とどら焼きは見た目は似ているものの、その特徴は異なります。パンケーキはその薄さとしっとりとした弾力が特徴ですが、どら焼きの生地はカステラを思わせるような、濃厚でふわふわした食感が楽しめます。どら焼きの一般的なレシピには薄力粉、卵、砂糖、ベーキングパウダー、牛乳が使われることが多いですが、本格的なレシピでははちみつや重曹、水飴、浮き粉、そして少量の牛乳が加えられ、独特の和菓子の風味が生まれます。

パンケーキ、ホットケーキ、スフレパンケーキの特徴と違いまとめ

見た目や名前が似ている「パンケーキ」「ホットケーキ」「スフレパンケーキ」とですが、実はそれぞれに独特の歴史と特性があり、ホットケーキとパンケーキはほとんど同じものと考えても良いという事がわかりました。ホットケーキはお菓子のイメージですが、パンケーキはお菓子にもなり、食事にもなると理解してもらうと良いでしょう。スフレパンケーキはメレンゲを使うので、パンケーキですが、膨らみ方あや食感にも違いが出てくるため、同じものではないという事もわかりました。

パンケーキはその多用途性により、食事からデザートに至るまで幅広く使われ、その汎用性を楽しむことができます。

この記事をきっかけに、あなたも様々なパンケーキを試してみてはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました